小鼻の黒ずみの原因とは?

小鼻 黒ずみ 原因

小鼻のぽつぽつとした黒ずみは、メイクで隠せても
根本的な解決には至りません。
見るたびにがっくりとしてしまいますよね。

 

小鼻の黒ずみができる原因についての基礎知識を
つけることで、改善方法や予防方法を
実践していくことができるでしょう。

 

 

なぜ小鼻の黒ずみができるのか?

小鼻 黒ずみ 原因

 

黒ずみは皮脂、古い角質、ほこり、老廃物が毛穴に詰まって酸化し、
皮膚の表面に黒くぽつぽつとして見えているものです。

 

毛穴が広がることで毛穴の影が黒く見えている状態の場合もあります。

 

一度できると洗顔ではなかなか落とすことができないのが厄介です。

 

一般的にTゾーンが最も皮脂の分泌量が多く、メイク汚れや皮脂が
詰まって黒ずみができやすくなります。

 

また、鼻は特に汚れがつきやすい部分です。
鼻に触れる癖がある人は特に要注意。
メイク落としが不十分で黒ずみになったり、過度な洗顔が原因に
なっていることもあります。

 

過度な洗顔は乾燥を招き、過剰な皮脂分泌の原因になるからです。
メイクをしっかり落とし、洗顔をした後には必ず化粧水やクリームでの
保湿をするようにしましょう。

 

保湿を徹底するだけでも小鼻の黒ずみは予防することができます。
それだけ肌の保湿は重要なものなので、皮脂が多いから保湿は
しなくても大丈夫と思い込んでる方はその「さぼり癖」が
原因になっているかもしれませんよ。

 

 

毛穴の黒ずみの種類について

 

毛穴の黒ずみにはいくつかの原因があり、種類によってケア方法も
異なるので自分に合わせた方法で改善していきましょう。

 

毛穴が広がっている

保湿が不十分で乾燥肌の人に多いタイプ。
乾燥していると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まって広がり
そこに「影」ができて黒ずんで見える状態です。

 

オイリータイプ

過剰に皮脂が分泌されているタイプに多く、皮脂の量と新陳代謝の
バランスが崩れて毛穴が詰まり汚れがたまっています。

 

汚れが詰まっている

古い角質、ホコリ、落としきれなかったメイク汚れが毛穴に
詰まってざらざらになっている状態です。

 

メラニンの蓄積

過度なケア、代謝が悪い、紫外線などによってメラニンが蓄積。
毛穴に汚れがたまっていなくても黒ずんで見えてしまいます。

 

 

黒ずみの種類によるケア方法とは?

小鼻 黒ずみ 原因

 

毛穴が広がっている

洗顔後の保湿が重要となります。皮脂でべたついているようにみえる
肌も、実は乾燥が原因で皮脂が分泌されていることがほとんど。
洗顔後にしっかり保湿をし、乾燥を改善することで皮脂の分泌を
正常にすることができます。

 

また、入浴や運動で代謝を高めるのもおすすめです。

 

オイリータイプ

皮脂コントロールを整える保湿、正しい洗顔で過剰な皮脂分泌を
抑える必要があります。
オイリータイプだからといって洗顔後に保湿をしないと、
さらに皮脂が分泌されてしまいます。

 

また、偏食や脂肪分の高い食事を控えることでも皮脂量を
コントロールすることができます。

 

汚れが詰まっている

メイク汚れには油分が含まれるため、ホコリや化学物質が
付着しやすい特徴があります。

 

化粧をした日は必ずクレンジングをし、クレンジング後には正しい
洗顔と保湿をしましょう。