小鼻の黒ずみを皮膚科で治療する

小鼻 黒ずみ除去 皮膚科

小鼻の黒ずみを自己流でケアしようとすると、
何の知識もないとケアをしているつもりが
逆に肌を傷めてしまう危険性があります。

 

どんなにケアをしても小鼻の黒ずみが改善しない、
ケア方法がわからないという方は、プロに任せるのも
手です。

 

皮膚科では毛穴の治療方法、アフターケアを受けられます。
皮膚科で小鼻の黒ずみを治療するにあたっての注意点や
詳細をこちらで紹介しましょう。

 

 

治療方法について

 

レーザー治療

 

黒ずみが気になる場所にレーザーを照射し、そばかすやシミなど
メラニン色素を破壊します。

 

熱エネルギーを皮膚表面、真皮層に照射すると肌の代謝が向上し、
コラーゲンの再生が促され、肌にハリが生まれて毛穴が目立たなくなります。

 

施術にはゴムではじかれるような痛みがありますが、感じ方は
人それぞれで全く痛くない人もいれば、痛いという人も。

 

痛みについては医師に相談をしてください。

 

治療回数は1回で終わる場合もあれば、黒ずみの程度により数回
行う場合もあります。

 

 

ケミカルピーリング

 

皮膚をはがすことで得られる効果を利用します。
皮膚の浅い場所に作用し、ターンオーバーを促すとメラニン色素や
古い角質が排出されます。

 

ピーリングは肌に負担をかけるため、ピーリング剤の塗布時間や
薬剤の濃度、種類によって調整しながら治療を行っていきます。

 

最初は弱く、肌質に合わせて徐々に強くしていきますが日本では
皮膚科をはじめ、医療機関でしか受けられません。

 

エステで行うピーリングは市販のピーリング化粧品とあまり
効果は変わらないので、確かな効果を感じるなら皮膚科
ケミカルピーリングを受けるのがおすすめです。

 

 

イオン導入

 

トラネキサム酸、ビタミンC、グリシルグリシンなどの成分を
微弱な電力で導入していきます。

 

有効成分を浸したガーゼで顔全体を覆い、その上からローラーをかけ
均一に微弱な電流を流します。

 

薬剤を均一に皮膚内に浸透させられるので、高い効果があるでしょう。

 

ケミカルピーリングを行い、有効成分を浸透しやすくしてから
行うこともあります。

 

 

治療を行う際に注意ポイント

 

これらの治療方法は、根気よく治療を受ける必要があります。
しかし、保険は適用されないので予算を事前に医師に
相談をしておいたほうがいいでしょう。

 

治療方針、料金体系、術後のアフターケアを丁寧に説明してくてる
医療機関、クリニックを選ぶことも大切です。

 

また、肌にトラブルが起こった場合は医師に相談をし適切な
ケアをしましょう。

 

 

アフターケアについて

 

ケミカルピーリングやレーザー治療をした後の肌はとても
敏感で、乾燥しやすい状態になっています。

 

いつもなら刺激に強い人でも肌が敏感になり、外的刺激の影響を
受けやすいため、保湿ケアや紫外線対策を徹底しましょう。

 

洗顔する際もこすらないように、優しくするようにしてください。

 

スキンケア方法がよくないと色素沈着を起こすおそれがあるため、
アフターケアはとても重要です。

 

治療を行う際、アフターケアについての注意をしてもらえるので、
よく聞いて実践してください。